このたびヤマサハウスは「平成30年度 サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)」の支援対象として採択を受けることが決定いたしました。

詳細はこちら(国土交通省)

 

この「サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)」は、家庭部門・業務部門の CO2排出量が増加傾向にある中、省CO2の実現性に優れたリーディングプロジェクトとなる住宅・建築プロジェクトを公募によって募り、支援することで、省CO2対策を強力に推進し、住宅・建築物の市場価値を高めるとともに居住・生産環境の向上を図ることを目的として国土交通省が実施しています。

弊社は、この事業に「多世帯同居対応を目指した省CO2 健康住宅 改修プロジェクト」を提案いたしました。戸建改修分野にて採択されたのは2提案のみであり、単独企業では全国で唯一の採択となりました。また、本プロジェクトの採択によって、弊社で改修を行う戸建住宅の補助対象費用の2分の1が、補助金として助成の対象となります。

「本プロジェクト」で生まれるヤマサの戸建住宅リノベーション
■ ヤマサハウスの省エネ性能の高い住宅をベースとした「既存住宅の省CO2改修」の基準化
■ 高断熱・遮熱・日射調整による「鹿児島の地域特性に合ったカラダにやさしい居住」
■ 一緒に住む上でのメリットを強く意識した「ココロを健康にする住宅プラン設計」
■ 長期優良住宅化リフォームでの「住まいの計画的な長寿命化」
■ 耐震診断と耐震改修による「災害時の安全対策の強化」
■ 太陽光等の小規模創エネの推奨による「再生可能エネルギーの活用」
■ 木材を内装材として活用することで「さらにCO2排出を軽減」

 

今後は、実際の住宅の見学会の開催や、自社メディア(HP・SNS・マガジン「絆の家」・TV番組「絆の家」など)、また県主催の関連イベントへの出展を通して、本プロジェクトの事例や効果等を発信し、リノベーション分野におけるリーディングプロジェクトとして、中古住宅の価値向上に貢献できればと考えております。

ヤマサ増改築のホームページはこちら