家族の健康を守る住まい

大切な家族が毎日過ごす住まいだから、
心も身体も健康に暮らしてほしい。

そんな想いから、家族の絆を大切に考えた「センターリビング設計」や
空気環境も安心・安全に過ごせる「赤ちゃん基準」の考え方に。

家族の絆を育み、心も健やかな毎日をかなえます。

体も心も健康な住まいの理由


見える部分も見えない部分も
「健康仕様の素材」

シックハウスやアレルギーの原因になる有害化学物質をカットするため、表には見えない構造部材まで徹底して健康素材を使用します。

pointこだわり抜いた健康品質の素材

  • 南九州産材を使用した構造躯体
  • ホルムアルデヒドを抑えた板・接着剤・断熱材
  • 吸湿性の高い杉材の押入れ
  • 国産い草の健康畳
  • 世界でも最も安全基準の高い健康クロス(RAL/ISM基準適合)
  • 足触りよく、殺菌・調湿効果もある無垢床
  • 低ホルムアルデヒド床材「F★★★★フロア」

「クリーンな空気環境」で
深呼吸したくなる住まいを提案

大切な家族が毎日過ごす場所だからこそ、安心できる環境を追求してきました。
厳しい基準をクリアした健康的な住まいを実現。

1.健康住宅宣言

2003年の建築基準法に先駆け、シックハウスの原因物質(ホルムアルデヒド・VOC)削減に取り組み、1997年「健康住宅宣言」を行いました。

point世界レベルの品質

シックハウスの原因となる全ての物質において、WHO基準および厚生労働省室内濃度指針値をクリア

2.計画換気システム

高気密・高断熱の住まいだからこそ、一層大切な換気システム。
2時間に1回空気が入れ替わり、きれいな空気を隅々まで行き渡ります。


冬のヒートショックを起こさない
「温度のバリアフリー」

「高気密・高断熱+遮熱」の住まいは部屋間の温度差を軽減し、寒い冬のヒートショックの危険から守ります。

鹿児島は脳血管疾患での死亡率が東北エリアと並んで高い地域。
意外と冷え込む鹿児島の冬場、室内で急激な温度変化にさらされることで、血圧が急上昇・急降下して血管に負担をかける「ヒートショック現象」を発生させない工夫が重要です。

床断熱と基礎断熱の床表面温度

ヤマサ仕様(基礎断熱)/LDKのみ暖房ON

一般仕様(床断熱)/LDKのみ暖房ON

ヤマサハウスは、外の寒さ・暑さの影響をなるべく受けずに、室内の温度差を少なくする「温度のバリアフリー」を実現するため「高気密・高断熱+遮熱」の住まいづくりを行っています。


家族の心つながる「絆の家」
健やかな心を育む「センターリビング」

心の健康には、一緒に暮らす家庭の絆が大切です。

リビングをセンターに配することで、自然と家族のコミュニケーションが生まれます。
またオープンな設計で常に家族の気配を感じられる安心感が、子どもの心を包み込みます。

最寄りの営業所へのお問い合わせ

受付時間:
9時〜18時 定休日:水・木

住宅本部へのお問合せ

受付時間:
9時〜18時 定休日:水・日・祝日
上へ戻る