いつまでも快適に住まうためには、定期的な点検とメンテナンス、そして消耗品の交換があってこそ。ヤマサハウスで多くのお客様より住まいのご相談をお受けするお客様相談係が、実際のお客様の声をもとに効果的なお手入れ方法をご紹介いたします。

今回は、「新築時のキレイな床板をいつまでもキレイな状態で保ちたい」という声にお応えし、床板のお手入れ方法についてお手入れ方法をご紹介します。

用意するもの

・ほうき  ・モップ  ・掃除機  ・中性洗剤  ・トレー

・雑巾  ・ワックス  ・ワックスワイパー  ・ワックスシート   など

●床板を長持ちさせるための心がけ3か条

①水などをこぼした時は、すぐに水分を拭き取る。長時間濡れたままにしない。

②直射日光が直接長時間当たるところは、カーテンやブラインドで直射日光を遮るようにする。

③ホットカーペットを使用する場合は、直射熱が伝わらないように、断熱性のあるシートや、カーペットを敷いて使用する。

●日常のお手入れ方法は?

・ほうきや掃除機で、ゴミやホコリを取り除いたり、乾いた雑巾やモップで拭くだけで大丈夫です。

・ひどい汚れがついてしまった時は、水で薄めた中性洗剤を含ませた雑巾を、固くしぼって拭き取り、乾いた布で水分を拭き取ります。

 

 

さらに、半年に1回程度を目安に床板にワックスを塗布すると、表面が保護されるので床板を長持ちさせることができます。ワックスにはピカピカにする美観効果だけでなく、キズからしっかりブロックしてくれる保護効果、毎日のお手入れを楽にする効果があります。

次回は、「仕上げに差がつくワックスのかけ方」についてご紹介いたします。

 

ヤマサハウスのお客様相談係(アフターメンテナンス担当)に、お住まいに関することはいつでもご相談ください! ⇒アフターメンテナンスページはコチラ

ヤマサハウス お客様相談係