薩摩川内市天辰地区に計画されている次世代のまちづくり事業。

ヤマサハウスもこの事業に参画しています。

5/10に現地で安全祈願祭が行われました。
このプロジェクトは、再生可能エネルギーを活用したZEH(ゼロエネルギーハウス)に、ICT等を導入した次世代型のスマートコミュニティタウンを目指しています。
このまちの緑道には、災害時に役立つ「かまどベンチ」や防犯対策の「見守りカメラ」を設置。住宅には蓄電池や外出先からの遠隔操作ができるなど安心して暮らせるまちづくりを進めていきます。

一般分譲に先立ってモデルハウスが11月にOPEN予定です。

建設新聞のサムネイル