外構担当の神崎です。
12月が始まりました!

今年もあと1カ月…早いですね…

先日、ハウス本店のガーデンコーナーにて植栽メンテナンスセミナーを開催しましたのでご紹介します!

以前ヤマサハウス本店のお庭リフォームでご協力いただいた海田先生が講師となり、

ヤマサハウスOBのお客様へ植栽のお手入れ方法を教えていただきました。

みなさん、木の剪定の仕方ってご存知ですか?

剪定はお庭全体のバランスを見て、一本一本の樹木の枝を切って、樹木の成長をこちらで管理することで、お庭をより美しくまとめる役割があります。

大きく育ちすぎてご近所トラブルになったり、木が育ちにくくなったり病気になることも。

とは言っても、どこをどう切ればいいのか…

自分でやってみたがうまくいかないなどの理由で手を付けられず、とういう方も多いようです。

そこで今回はDIY感覚ではじめることができる簡単な剪定方法について教えていただきました!

正しい枝切り方や、切る枝の選び方、間引く枝の見分け方など目の前で先生が枝を切ながら説明していただき、みなさん真剣に聞いています。

残す枝を鋭角にイメージして剪定すると、自然な形になるそう。

お客様にも実際に剪定体験していただきました。

実際に先生に枝を切るところを見てもらい、アドバイスをもらったりと和気あいあいとした雰囲気でした♪

 

太い枝も先生とお客様の共同作業で!

切り口には、ばい菌の侵入を防ぐため保護剤を塗りました。

他にも高所の枝の切り方やホームセンターで購入できる防虫剤選びのポイントなど木のお手入れ全般を教えていただきました。

最後に、木の剪定をする際に一番大切なことをお聞きしたところ、上手に完成させようと意識し過ぎないことだそうです。

確かに剪定に関する知識が何もない時は、木を痛めてしまうのではないかと、木の枝にハサミを入れるのが怖くなってしまいがちですが、ちょっとしたコツをつかんでしまえば庭木の剪定は誰でも出来るようになります。

お客様にも今回のセミナーがきっかけとなって、剪定するときの心構えが変わったらいいなと思います。

簡単なコツを掴んで毎日のお庭での生活がより楽しいものになれば幸いです。

ご参加いただいたOBのお客様、ご協力くださった海田先生、本当にありがとうございました!