これまでの70年がこれからを守る

レジリエンスを考えた住宅とは

地震や台風、火災などの自然災害で、万が一被害があっても自分たちの住まいで、自立した生活ができること。そして、速やかに日常生活へ回復する力がある住まいのことです。
ヤマサハウスは鹿児島の家族を守る住まいをつくるため、過去の災害復旧の経験を元に研究を重ね、今後の災害にも備えた家づくりを行なっています。
家族の絆を守る住まいは、鹿児島と共に70年間歩んできたヤマサハウスだからこそ目指せるものなのです。

ヤマサハウスのレジリエンス
そなえ
まもり
ささえ

鹿児島は高温多湿な気候による夏場の猛暑や台風、桜島の降灰など厳しい気候を持ち合せた地域。ヤマサハウスは70年間、真摯に家づくりと向き合ってきた中で、様々な教訓を得てきました。これからの防災住宅は、「家」だけでなく「庭」づくりも合わせ、トータルで考えていかなければなりません。

ヤマサハウスは自然災害に対して
そなえ」「まもり」「ささえ
の3つを柱に、鹿児島の気候風土に合ったひとつ上の安全基準を備えた防災住宅をご提案致します。

ヤマサハウスの支え

全災害共通

災害発生後も住み続けられる6つのささえ

国が定めた基準値の最高ランク・耐震等級3(震度7の地震が起きても家が倒壊しないレベル)の、更に1.25倍の強度を全棟標準仕様としており、強い地震にも耐えられます。また、地震保険料も2分の1になるので、家計にも優しい住まいです。みなさんは、地震地域係数をご存知ですか?これは、地震が起きやすい地域を「1.0」とし、地震が少ない地域は「0.9~0.7」と割り当てられています。鹿児島の地域係数は「0.8」。しかし、係数「0.9」の熊本で震度7の地震が起き、大きな被害がありました。これを教訓に、ヤマサハウスでは地震が起きやすい地域と同じ1.0の基準で考えた設計を行うようになりました。

耐震等級

国が定めた基準値の最高ランク・断熱等級4の1.75倍の断熱性能。鹿児島の気候風土を考え、屋根・壁・基礎それぞれに独自の施工を行い、外部の影響を最も受けやすい開口部にも断熱性能の高いサッシを使用しています。

屋根断熱

●屋根断熱
屋根面に沿って水発泡ウレタンを180㎜以上の厚みで吹きつけています。

壁断熱

●壁断熱
壁には厚さ90㎜の高性能グラスウールを隙間なくぎっしりと敷きつめています。また、繊維1本1本に撥水コーティングが施されているので湿気を通す役目も。そのため、従来のグラスウールの様に水分を含んでズレ落ちる心配はありません。

基礎断熱

●基礎断熱
堅く耐圧性に優れ、水に強く吸湿しにくいポリスチレンフォームを基礎の内側に使用しています。

断熱玄関ドア

●断熱玄関ドア
鹿児島は7地域(一部6地域)に区分されていますが、東北地方で使用されている、断熱性能に優れた玄関ドア(K2仕様)を採用。K2仕様は一般的なドア(K4仕様)の約2倍の断熱性能を発揮します。

トリプル断熱浴槽

●トリプル断熱浴槽
ヤマサハウスでは、ヒートショック対策として浴室は室内空間への設置が重要と考えてきました。そのため、浴槽や浴室、住まいの断熱のトリプル保温で温かさをしっかりキープし、ヒートショックによる体への負担を軽減した健康にも優しい住まいです。

停電が起きても太陽光発電の自立運転モードの使用で自家発電が可能です。平常時は創った電気を自家消費することで、電気代を抑えられます。自然災害で数日間、停電が続くと生活に支障が出てしまいますが、太陽光発電を備えておけばどんな時でも安心して暮らすことができます。

太陽光発電

空気中にある熱エネルギー利用してヒートポンプでお湯を沸かす「エコキュート」。
エコキュートで作られたお湯は、家庭のキッチンやお風呂などで活躍します。
もし、停電になってもお湯を貯めておくタンクにお湯が残っていれば、シャワーや蛇口でお湯が使用できます。また、災害などで断水したとき、タンク内の水を非常用の生活用水として利用できるよう非常用取水栓を標準装備しています。

給湯機給水

太陽光発電で創られた電気を蓄えておき、夜間でも利用できます。停電が起きても非常用電源として活躍し、最低限の生活を確保できます。

蓄電池

屋根に降った雨を貯めておき、断水時には非常用の生活用水として利用することが可能です。平常時には植物の水やりや打ち水にも利用でき、節水にもつながります。

雨水タンク

家族の絆を守る
安心の保証

住まいの健康診断

お引渡しから6・12・24か月目、5年目、10年目にお住まいの定期巡回点検を行っています。住まいのメンテナンススペシャリストが必要項目を点検し、住まいを長く快適に維持するためのポイントやメンテナンスなどについてご説明します。

10年保証パッケージ

毎日の暮らしに欠かせない住宅設備ですが、故障はある日突然起こるものです。「ヤマサハウス住宅設備機10年保証サービス」なら、住宅の引渡し日から最長10年間、対象機器の修理代が0円になるので、万一の故障時にも安心して修理を受けることができます。

お客様の大切なお住まいを快適に維持し、安心して末永く暮らして頂くために、日々のお手入れに関するセミナーをお引渡し前に開催しております。マガジン絆の家にもご自宅でできるメンテナンスについてご紹介しています。

メンテナンスセミナー
メンテナンスセミナー
20年保証システム

定期巡回点検だけでなく、住まいの品質・性能を維持するため、20年保証システムを実施し、安心の暮らしを支えます。
※当社による10年目無料点検を受けて頂き、有料メンテナンスを実施された方が対象です。

県内一円に営業拠点を持つヤマサハウスは、ネットワークを活かし、それぞれの担当者が台風や地震など万一のトラブルにも迅速にお応えできる体制を整えています。鹿児島という厳しい気候を持ち合せる(台風や豪雨、シロアリ、火山灰、高温多湿など)地域に密着した企業だからこそ、県内にこだわり、常にお客様のそばで安心なサポートを行っていきます。

24時間受付中
トップへ戻る