耐震診断サービス

耐震診断とは

大地震で建物が倒壊しないかを判断するために、建物の柱や梁(はり)、筋かいなどを調査して、建物の地震への強さを診断することです。
昭和56年6月に建物の地震に対する基準が改正され、それ以前の建物は地震に弱い建物も多く、「震度5弱で壁や柱が破損」、「震度6弱で倒壊」するものがあると言われています。

ご自宅の耐震性を診断してみませんか?
ご自宅の耐震性能を知ることだけでも重要だと思います!

1. お客様より診断の依頼

2. 現地にて打合せ

3. 現地にて調査(目視)

現地調査の時間は半日程度です。(大体2〜3時間)
※設計図書が無い場合は、図面作成費用として100,000円(税別)が必要となります。

小屋裏の診断柱や梁を中心に、筋違の位置、金物の使用状況の他、材料の寸法等を確認します。
床下の診断基礎や床組について、金物の使用状況の他、材料の寸法等を確認します。
外壁の診断外壁を中心に、ヒビ割れの状況や傷み具合(劣化状況)等を確認します。

4. 耐震診断・報告書の作成

5. お客様へ報告書の提出

耐震診断費用 : 100,000円(税別)

6. 耐震性向上リフォーム工事

過去の大地震では、家屋の倒壊などによる被害から多くの方が亡くなっています!

大正3年の桜島大爆発で、震度5強から6弱の地震がありました。
県内でも、平成9年に薩摩川内市を中心に、震度6弱の県北西部地震が発生しています。
東日本大震災や熊本地震のように、想定外の大地震が突然発生することがあります。

建物の倒壊などの被害から大切な生命や財産を守るためには、耐震化が必要です。
大規模の地震動(震度6強から7に至る程度<阪神・淡路大震災クラス>)に対して、人命に危害を及ぼすような倒壊等の被害を生じないことを目標とし、これまで培ってきたヤマサハウスの技術力をもとに最適の提案を行います。