太陽光発電が「未来に備えた住まい」に必要な理由

「ゼロ炭素社会の実現」に向けた 環境に優しい住まい

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略で、住まいの断熱性能・省エネ性能を高めて、太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量の収支を正味(ネット)0にする住宅です。
経済産業省では「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建て住宅の過半数でZEHを実現すること」を目標としています。

千葉の大規模停電は「太陽光発電の有無で明暗」が分かれた

2019年9月9日午前5時頃、台風15号は千葉市付近に上陸し、東電管内で約93万戸が停電した。襲来から1週間が経過した9月16日時点でも、依然として約9万8000戸で停電が続き、生活に甚大な影響が出た。東日本大震災の時でさえ、東電管内で全面復旧に要した日数は9日間。被害規模がどれだけ大きいかが分かる。
今回の台風による千葉県内の大規模停電で、太陽光発電と蓄電池に再度注目が集まっている。

厳しい生活を強いられている横で、冷蔵庫や洗濯機、扇風機を動かせ、スマホも充電できたからだ。
というのも、ほぼ全ての住宅用太陽光発電が非常時に簡単に使える「自立運転機能」を備えている。この「自立運転機能」で1500W分の電気を使うことができ、全ての家電を動かすには不十分だが、緊急時にはその有無で明暗が分かれる。


【参考文献】日経エネルギーNEXT「千葉の大規模停電は太陽光の有無で明暗、見えてきた新たな選択肢」
https://project.nikkeibp.co.jp/energy/atcl/19/feature/00001/00013/> 2019年10月12日アクセス.

「売電収入で家計にも優しい」太陽光発電システム


※太陽光発電システム5.32Kw搭載 ※売電価格26円/Kwh ※年度によって売電価格は異なります。
※2019年12月31日までにご契約頂いたお客様が対象となります。
※既にご契約済みで着工前のお客様も対象となります。
※4.0Kw以上搭載を頂く場合が対象となります。