大工棟梁 下野 智史

若手ながらヤマサとのお付き合いは10年以上の下野棟梁。お父様も大工歴60年の大ベテランです。そんなお父様の背中を みて育ち、大工の道を歩まれている棟梁にお話しを伺いました。


お父さんも大工でヤマサ歴48年!

父が大工ということもあり、幼少期から自然と大工になろうと思っていました。
20歳で弟子入りし、見習い期間は5~6年。
その時に最も学ばせてもらったことは、仕事の要領と納まりですね。
心がけていることは『ひとつひとつの作業を丁寧に』。
そしてひらすら集中です。
ヤマサハウスとの出会いは父の紹介です。(お父様はヤマサ歴48年!)

大工の仕事は、他の仕事と比べると時間的に自由(その分とても大変!)なことも魅力ですが、なにより『自分の作ったものがカタチに残る』ということがやりがいです。
今後は、仕事はもちろんですが趣味 である釣りやバイク、映画なども楽しむ余裕を持ちたいです。
そして、父のような大工になりたいこと、父と共に現場に携わっていきたいです。

丁寧な仕事を心がけています