木と暮らすこと

人は、古くから木を色々なことに使ってきました。
様々な暮らしの道具、そして住宅。
木造住宅には、そんな代々育み受け継がれてきた知恵と工夫が今でも生きています。
私たちは、この国の風土の中から生まれた本来の工法を大切に、「木」という自然がもたらす快適性や優しさを住まいに活かしながら歩んでいます。
木は、夏暑くなりすぎたり冬冷たすぎたりしないため、人肌に近い優しい素材。
木は、二酸化炭素を吸収し、人間に必要な酸素を吐き出しながら成長しますが、成長がとまると二酸化炭素を吐き出すことがあります。
そのため、ある一定期間を過ぎたら木を切って利用することは、環境を守ることにつながります。
収穫したあとは若い苗木を植えることで、環境を守って元気にし、そして木を育み、共に暮らしていきたいと考えます。

地材地建

高温多湿な南九州の厳しい環境で育ったたくましい木を、鹿児島で使い、活かしていくこと。
そんな思いから、「地材地建」をモットーに地元の木材の活用に取り組んで参ります。

循環する生産活動

柱や梁などの材料を加工する際に発生する端材やおがくずを、木材の乾燥設備の木質バイオマス燃料や、畜産農家向けの敷料(牛などの寝床に敷くもののこと)として再利用し、循環型の生産活動に取り組んでいます。

「バイオマス」とは、生物資源(bio)の量(mass)を表す言葉であり、「再生可能な、生物由来の有機性資源(化石燃料は除く)」のことを呼びます。そのなかで、木材からなるバイオマスのことを「木質バイオマス」と呼びます。(林野庁HPより)