大工棟梁 下茂 篤史

今回ご紹介するのはヤマサハウスの大工工事をお願いしているヤマサ歴3年の下茂棟梁。
お仕事のことなどをお伺いしました。

中学卒業後専門学校に進み、大工を目指しました。
卒業後京都で1年修行をし、7~8年の見習い期間を経ました。
家づくりの全工程に携われる大工になりたいと、ベテラン大工さんのアドバイスはどんどんと取り入れました。
見習い中は仕事のことはもちろん、時間の使い方、ストレスを溜めないこと、楽しみ方も教わりました。
初めて、造作工事の契約をし、給料がもらえた時の喜びは今でも印象に残っています。

大工の魅力は給与や時間などの自由さもありますが、仕事の依頼が来た時の世間から頼られてると思える時です。
職人不足が言われていますが、将来を担う子供たちにはイメージと実際の仕事は異なるので一度見て、体感してもらいたいです。

これからは、規模を拡大し人を動かせるような人になりたいです。