夏に活躍してくれた網戸、何かをぶつけたりした拍子に破れたり、枠から外れていたりすることはないですか?

今回は、網戸の張り替え方をご紹介します。

まずは、網戸の色を選びましょう。
グレー:一般的に使用されています。
黒:網戸を通して外がきれいに見えます。(外から中も見えやすい)
外側が銀・内側が黒:外からは中が見えず、中からは外がきれいに見えます。

など色での違いがありますので、好みによって選びましょう。

次は網目の種類です。
16・18・20・24メッシュ等があり、1メッシュは「1インチ(25.4㎜)の間に何本の糸が入っているか」を示します。
小さな虫が気になるところでは、メッシュの数字が大きいものを選ぶと良いでしょう。

いよいよ張り替えです。使う道具はコチラ
image41
・網戸張り替えネット ・網戸クリップ ・網押さえローラー ・網押さえゴム(※網戸を抑えるゴムはサッシによって太さが違うので注意が必要です。) ・カッター

①古いネットを取り外す
・抑えゴムを浮かせましょう。
古い押さえゴムの切れ目を探し、押さえゴムを浮かせます。
image28

・押さえゴムを引っ張りましょう。
押さえゴムを浮かせたら、ゴムを引っ張ります。
image29
・古いネットを取り外しましょう。
押さえゴムが取れたら、古いネットを取り外します。

②ネットを切り、クリップで留める。
・ネットをサッシに合わせておおまかに切りましょう。
新しいネットを取り出し、ネットをサッシの上に広げたら、クリップで軽く固定し、余裕をもたせおおまかにネットをカッターでカットして下さい。
image31
・サッシとネットをクリップで固定しましょう。
ネットを切り取ったら、四方をそれぞれクリップで固定しましょう。
★ポイント サッシとネットをクリップ等で固定しておくだけで、後の工程が楽になります。

③『押さえゴム』を押し込む。
・押さえゴムをサッシの隅から押し込みましょう。
押さえゴムをサッシの隅に押し込みます。この時、押さえゴムの端は、隅から5センチ程度、余る様にして下さい。
image33
・余った押さえゴムをローラーで押し込みましょう。
隅にゴムを押し込んだら、余った押さえゴムをローラーで押し込みます。
image34
・サッシの枠に沿って、短辺から押さえゴムを押し込みましょう。
一片の隅を押さえ終わったら、サッシの枠に沿って、ゴムを押し込んでいきます。

④ネットを調整して仕上げる。
・押さえゴムが一周したらカットしましょう。
image36
・カットしたゴムを押し込みましょう。
カットしたゴムを押し込みます。ネットにたるみがあったら調整します。
★ポイント たるんだ箇所のネットを外から強く引っ張ると、押さえゴムが外れてしまいます。たるみを綺麗にするには、ネットを張ったままゴムを押し込み直す様にしましょう。

・余分なネットをカットしましょう。
ゴムを押さえ終わったら、カッターナイフで余分なネットをカットします。
image37

⑤完成!!
image38

夏の終わりに、キレイに張り替えて来年また活躍してもらいましょう!