夏になると台風のシーズンがやってきます。
シーズン突入を前に、ご自宅で気を付けるべきポイントや対策をご紹介します。

普段の対策として…

・自治体が作成・発行している「ハザードマップ」で家や職場付近の洪水や高潮、土砂災害などの危険個所を確認しておきましょう。

・側溝や排水溝のごみを取り除き、普段から水はけを良くしておくように心がけましょう。

・屋根や外壁、ガラス、ブロック塀などは定期的に点検し、傷みがある場合は早めに修繕を。

・家の周りの再点検をして樹高が高すぎたり、枝葉が混んだ庭木は剪定・刈込を普段から行いましょう。

 

直前対策!

・最新の台風情報を確認
テレビやネットなどで気象情報をチェックして警報・注意報・台風の進路など最新情報を確認しましょう。

・雨戸・シャッター
早めに閉めましょう。また、しっかりとロックをかけてください。ロックがさび付くなど不具合がないか事前に点検を。雨戸のない窓は飛来物によるガラス破損に備えてカーテンを閉めておきましょう。

・給気口(換気システム)
吹き込み防止するため、シャッターガイドの調整ゲージつまみを左側へスライドさせ、羽を完全に閉めた状態にしておきましょう。※風圧によって多少の吹き込みが発生する場合があります。

絆の家Vol21_final-5

・カーポート・アルミテラス
片側支持タイプの場合は着脱式サポート支柱を必ず取り付けてください。風当りによって屋根材のパネルが飛ばされる恐れがあるため粗めのネットやロープで固定するなど補強して飛散しないようにしましょう。

・門扉・伸縮門扉(アコーディオンゲート)
門扉は閉めた状態にして鍵をかけ、落とし棒をかけてください。
ロープで固定するとより効果的です。

アコーディオンゲートは開けた状態でロープ等でしっかりと固定してください。

・植木
強風で枝が折れたり倒れたりする場合がありますので、枝をロープ等で束ねたり、添え木等でしっかりと固定しておきましょう。
特にフェンスが近い場合は倒木によりフェンス破損にいたる場合があります。

・火災保険の確認
万が一、台風被害にあった場合に備えて加入されている火災保険(共済)の内容や連絡先を確認しておきましょう。

 

台風が過ぎ去ったら、家のまわりを点検し、屋根瓦・外壁の破損、カーポート等異常がないか確認をお願いします。もし、何かあった場合はお近くの営業所へご相談ください。

安心のサポート体制