大工棟梁 中野 代嗣

優しい笑顔がチャームポイントの中野棟梁。
休日には趣味の家庭菜園で年中色々なお野菜を育ててリフレッシュされてるそう。
そんな棟梁にお話しを伺いました。

大工見習い中だった知人からの誘いが、この道を目指したきっかけでした。
元々大工という仕事に興味があったので、22歳で弟子入りして5年間は見習いでした。
当時は、墨付けや切り込みが出来ないと大工としてはやっていけなかったため、師匠の技を見て学びましたね。
厳しい下積み時代を経て、初めて任された建築工事の前日は、緊張で眠れませんでした。
当時は切り込みには1か月ぐらいかかってました。プレカットになってからは考えることが1/3になりました。

ヤマサハウスとの出会いは、知り合いの大工さんからの紹介でご縁をいただきました。
それ以来のつきあいですが、ヤマサは検査が厳しく、しっかりしている印象ですね。

現在は、後進に技術を受け継ぐべく若手を一人育成中です。
これからも、お客様が喜んでくださるよう、傷など付けぬよう気を配りながら、丁寧な作業をしていきたいと思います。